万能なモカコーヒー

コーヒー専門店ではその店舗オリジナルのブレンドコーヒーが人気があります。苦味やコクをバランスよく調和した口当たりのいい風味のブレンドコーヒーやエスプレッソテイストの濃いものなどがよく売れています。ブレンドコーヒーは値段も安いので利用しやすいですね。
モカというのは、アラビア半島にあるイエメン共和国の都市であるサヌア州のモカという町で収穫されたコーヒービーンをまとめて呼んだ名前のことだそうです。イエメンで収穫されたモカは香りが高いことと酸味がきついことがポイントでわが国においても人気があります。
あまり知られていませんがダッチコーヒーはイントネシアにおいて栽培されていたコーヒー豆なのだそうです。オランダ人がこのコーヒービーンを普通のドリップ式で抽出したのですが、その独特な香りや味が好まれずにおいしく味わえるようにと改善されて淹れられたものがダッチコーヒーなのだそうです。
苦いコーヒーがだめな人でも濃くないコーヒーなら飲んでも大丈夫といった場合があります。アメリカンコーヒーは一般の’レギュラーコーヒーを抽出してから熱湯を入れるという方法もあります。もともとの淹れ方とはいえませんが、簡単にできるので一般に利用されています。お湯で割ることで苦味の少ないコーヒーになります。

カフェがたくさん出てきましたが、コーヒーのスタイルも豊かに変化しています。どういうことかというと、カプチーノの泡の表面にイラストを作ることはラテアートといいますが、プロの技術が要求されます。さてカプチーノといえばトッピングもいろいろあってココアパウダー以外にもキャラメルシロップなどを入れて楽しんでもいいですね。
その起源は近世のヨーロッパであるといわれているエスプレッソですが、ナポレオンが命令した大陸封鎖令によって、コーヒー豆の海外ビジネスが打撃を受けてコーヒービーンが品薄になってしまい、コーヒーの原料が少なくても大丈夫なようにとエスプレッソが誕生したみたいです。

ヨーロッパの家庭で味わわれているカフェオレは、持ち手のない大きなカフェオレボウルという名前のお皿に入れて飲むことが一般的で、寒い日になるとカップに触れて寒さをやわらげたり、朝食のときにはビスケットやパンをカフェオレに浸して食べたりもします。子どもでも飲めます。
ウィンナーコーヒーという名前から何となくウォンナーソーセージが乗っているコーヒーだと勘違いしてしまいませんか?しかし、ウィンナーコーヒーとはコーヒーの中に生クリームを加えたコーヒーのことで、外国では「カフェ・ヴィエンヌ」という名前があり、似通った飲み物にカフェ・ヴィエノワといわれるコーヒーも存在します。

Make a Comment

Your email address will not be published.

(required)

You can make the comment area bigger by pulling the arrow. If you are techie, you can use basic HTML tags and attributes to format your comment.