カフェインと利尿作用

一般的に知られていることですが、コーヒーは脳に大きく関わっています。コーヒーを摂取する時間帯やカフェインの量がポイントで、午前中に数杯だけを飲むのなら心配ないのですが、寝る前に飲んでしまうと睡眠を妨げます。ですので、コーヒーを飲むとしたら時間帯やカフェインの量に留意するようにしてください。
体重を減らすことにもコーヒーは有効であるようです。コーヒーには排泄を促す働きがあって、腸の活動を促す効果があるゆえに、便秘の予防にも有効です。コーヒー自体にはカロリーがあまりないため、ウェイトダウンをしたい方ならシュガーや乳化剤は使わずにそのままで飲めばオーケーですね。
お茶とかに含有されているカフェインには、眠気がこなくなったり胃が重くなったり興奮したり脈数が増えたりするといった副作用があります。ですのでコーヒーをたくさん摂ると不整脈などの原因となる危険性もあるため、元気な大人でも体調が今ひとつの場合にはコーヒーはやめておいたほうが無難です。
暑い国々で主に生産されているコーヒーなのですが、近ごろ見られる世界温暖化の影響で徐徐にコーヒーを生産する国は増加しています。北緯25度から南緯25度ぐらいまでにある国が主要な栽培国であって、国の数はおよそ60ぐらいになります。

いろいろな効果があると言われるコーヒーですが、その中でも一番有名な効果が眠気覚ましです。コーヒー自体に含まれているカフェインが神経を興奮させ、眠気を奪ってくれると言われています。とは言え、薬のように効果・効能が分かりやすい形で出るわけではありません。コーヒーを飲んだとしても眠くなる人は眠くなります。
今のところ公式には認知されていないコーヒーアレルギーと言えますが、コーヒー飲料を口に入れたり独特の匂いを嗅いだりするだけで何らかのアレルギー反応が出てしまう方もいます。例えば下痢状態になってしまったり、吐き気がしたり、胸の動機などの現象が出たりする身体的反応を差します。

よく聞くカフェインとは何なのでしょうか?基本的には中枢の神経を興奮状態にする物質だと思ってみましょう。お茶やコーヒーに含まれており、少なからず心身に影響を及ぼします。ちょっとだけだと中枢神経が興奮し、大量に飲んだときには中枢神経が麻痺を始めます。余りにも飲んでしまうと、動機が起きる場合もあります。
岩波書店が出版する辞書にもカフェインの利尿作用について説明があります。強心、利尿作用、興奮剤といった説明が載っています。実際コーヒーを飲むと、利尿作用が増しますし、同じようにカフェインの入った緑茶を飲んでも利尿作用が高くなります。明確な形で心身に影響があるカフェインです。

Make a Comment

Your email address will not be published.

(required)

You can make the comment area bigger by pulling the arrow. If you are techie, you can use basic HTML tags and attributes to format your comment.